OBSのダウンロード・設定

収録や配信に使用するOBSの導入を解説します。

OBSのダウンロード

①まずは、公式ページから自分の使用するOSのボタンをクリックしましょう。
②がダウンロードされるので、ダブルクリックで実行します。

③Next、I agree、Installなど、選択肢を順番に押していきます。
青く光っている方が次に進むための選択肢です。

これでインストールは完了です。

OBSの初期設定

アイコンをダブルクリックし、起動すると④の画面になります。
右下の設定をクリックし、初期設定をしましょう。

一般

⑤一般のタブではあまりいじるところはありません。
事故を防ぐために、「配信を開始するときに確認ダイアログを表示する」にチェックが入っていることを確認しましょう。

チェックがされてない場合、録画と間違えて配信ボタンを押した瞬間、配信がスタートしてしまいます。

配信

⑥配信をしない方は設定不要なタブです。

サービスを選び、ストリームキーの欄に配信サイトで取得したキーを貼り付けるだけです。
配信についての解説ページで詳しく触れます。

出力

⑦出力タブは、まず上の出力モードを基本から詳細に変更します。

配信

配信のタブのエンコーダ x264 を選びましょう。
配信をしない人は設定不要です。

エンコーダでNVIDIA NVENC H.264(new) を選択できる人は、x264 ではなくこちらを選び、配信サービスのエンコーダ設定を適用するのチェックを外してください。
グラフィックボードに処理を任せることができ、画質がよくなります。

レート制御のタブはCBRになっていることを確認します。
ビットレートは高いほど画質がよくなりますが、パソコンに負荷がかかります。
私は2000にしていました。

キーフレーム間隔2にします。
他の数字だとエラーが出ることがあるようです。

CPUプリセットは10種類くらいあります。
一番上のultrafastが一番軽いけど画質が悪く、一番下のplaceboが一番重い分画質が良いです。

mediumに設定している人が多い印象ですが、CPU使用率に不安があればfastへ上げていきましょう。
私はデビュー初期veryfastで活動していました。

余談ですが、画質を上げたいときはveryslowなどに落としていくよりも、ビットレートの数字を上げるほうを優先しましょう。

録画

録画タブで収録する動画の設定をします。

録画ファイルのパスは、録画した動画がどこに保存されるかを選択します。
右の参照からフォルダを選択しましょう。

録画フォーマットはMP4やMKVなど、保存する形式を選ぶことができます。
FLVのまま収録し、編集ソフトが読み込んでくれない問い合わせがよくあるので、変更しておきましょう。

黄文字で警告があるように、MP4には収録中の停電で途中までのデータが残らないというデメリットがありますが、西中は使いやすいのでMP4をつい選んでいます。
心配な方はMKVを選びましょう。

録画のレート制御CRFにしています。
録画のキーフレーム間隔は0で大丈夫です。

音声

⑧音声タブでは収録するマイクの音やゲームの音について設定します。

デスクトップ音声は自分が聞いている音を配信や録画に乗せるかどうか。
ブラウザゲームの音や、再生しているBGMなどを直接乗せるときは既定、または使用しているスピーカーやイヤホンを選びます。

音を入れない時は無効にしてもよいですが、別の画面でミュートにできるので、ひとまず選んでおきましょう。

マイク音声でも、使用するマイクを選択します。
ゲーム画面のみの収録なら無効でもよいでしょう。

こちらも別画面でミュートにできるため、たまには声を入れるかもしれないという方は、とりあえず選んでおきましょう。

映像

⑨映像では解像度の設定をします。
解像度は1920x1080など、Youtubeなら16:9になるよう設定しましょう。
17やツイキャスで配信する場合は解像度が違ってきます。

PCスペックに不安がある人は1280×720などに下げておきます。
また、このサイトで紹介するAviutlで編集する方は、PCスペックに関わらず出力解像度を1280×720に下げるのが無難です。

FPS共通値30が無難です。
PCに余裕があり、画質を上げたい場合は60でも構いません。

ここまでできれば基本的な設定は完了です。
右下のOKを押し、設定を適用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました