Luppetの導入・使い方

Luppetは全身ではなく上半身の動きのみに特化した、Vtuber向けのトラッキングシステムです。

Leap Motion Controllerを購入することで、手や指の動きをトラッキングすることができます。

全身を映す必要のない配信や動画撮影に使いやすく、生き生きとした動きを映すことができるシステムです。

必要な物・導入

WEBカメラ

WEBカメラはLogicoolのものを、リーズナブルで特に困った点もないのでおすすめしています。
西中はFaceRigでのトラッキングを始めた当初からずっと、C270という2000円弱で購入できるWEBカメラを利用しています。

参考:Amazon Logicool C270n WEBCam

現在は在宅ワークなどの需要によって入荷待ちの状態です。
早くほしい方は3000円ほどにはなりますがC505もおすすめです。

Luppet

Luppetの体験版を、まずはこちらからダウンロードします。
動作しなかった場合も返金できないシステムのため、必ず先に体験版で試してから、ライセンスを購入しましょう。

ダウンロードしたzipファイルを右クリックで展開し、Luppet.exeをダブルクリックで起動します。

右上のログインせず体験版を始めるをクリックし、正常に動作するかを確認しましょう。

体験版という透かしが入っていますが、動作に問題がなければ大丈夫です。
ライセンスの購入に進みましょう。

ライセンス

体験版の透かしを消すには、Luppetの個人向けライセンスキーが必要です。
こちらのページから購入しましょう。

購入すると12時間以内にBOOTHのダイレクトメッセージにライセンスキーが届きます。

ライセンスキーを入力するには、新規会員登録をし、ログインをする必要があります。

アカウントを作成し、ログインした先でライセンスキーを入力すればOKです。

あるとより楽しいもの

Leap Motion Controller

Leap Motion Controller / 約10,000円?】

手や指のトラッキングも行うために必要になる機材です。
私は9,900円で購入しましたが、値段がかなり変動しているようです。

この記事作成時点ではAmazonが15,000円、公式代理店が14,300円、最安価がロボショップの11,970円でした。

また、こちらを首元に固定するために、【スマホホルダー / 約300円】を使用しています。

ソフトウェアはこちらからダウンロードします。

こちらから無料会員登録を行い、規約を確認してダウンロードしましょう。

ダウンロードしたファイルを右クリックで展開し、Leap_Motion_Installer_v4~.exeをダブルクリックで起動します。

インストールをはじめ、少し待つと完了します。
これでLeapMotionコントロールパネルがインストールされていれば使えるようになっています。

設定・使用

Luppetの設定なのですが、わかりやすさの化身のようなUIをしているので、画面の通りに勧めるだけで問題なく使用できると思います。

最初の画面では使用するVRMファイルをクリックし、カメラを選択、このモデルでスタートをクリックするだけです。

使用するモデルがない場合は、ファイル置き場を開くをクリックしましょう。

開かれたフォルダにVRMファイルを入れ、Luppetを再起動すれば選べるはずです。

画面やトラッキングの設定についても、左上の項目から順番にクリックし、調整したいところがあればする、くらいで十分です。

設定が完了しましたら、ESCキーで設定画面を閉じましょう。

Leap Motion Controllerは付属のケーブルをPCに差し込み、首元に設置すればすぐに使用することができます。

タイトルとURLをコピーしました