FaceRigの導入・使い方

FaceRigはWebカメラだけでアバターを動かせる、有料のフェイストラッキングアプリです。

デフォルトのアバターがたくさんあり、こちらをひとまず使用してVtuberになったという方も多くいます。
……見たことのある顔はありませんか?

必要な物・準備

FaceRigでトラッキングをする際に必要な物は以下の通りです。

・WEBカメラ
・FaceRig
・FaceRig Live2D Module (LIVE2Dを使用する場合)

先ほどのデフォルトのアバターを動かすのなら、Live2D Moduleは必要ありません。

WEBカメラ

FaceRig用のWEBカメラはLogicoolのものを、リーズナブルで特に困った点もないのでおすすめしています。
西中はLIVE2D作成当初からずっと、C270という2000円弱で購入できるWEBカメラを利用しています。

参考:Amazon Logicool C270n WEBCam

現在は在宅ワークなどの需要によって入荷待ちの状態です。
早くほしい方は3000円ほどにはなりますがC505もおすすめです。

FaceRig

FaceRigを使用するためにはSteamが必要です。
こちらのページからインストールボタンをクリックし、ダウンロードされたSteamSetup.exeをダブルクリックで起動してください。

Steamのアカウントの作成などが完了したら、こちらのページからFaceRigを購入します。

FaceRig Live2D Module

オリジナルのLIVE2Dのモデルを使用する場合などは、FaceRig Live2D Moduleを追加で購入する必要があります。

こちらのページからFaceRig同様に購入しましょう。

FaceRigの起動

ダウンロードが完了したらFaceRigのアイコンか、Steamのライブラリの中のFaceRigから起動します。

こちらの画面が表示されるので、LAUNCHをクリックします。

これでFaceRigの起動ができました。

FaceRigの設定

日本語化

まずは細かな設定項目を表示するため、アドバンスUIに変更しましょう。

歯車アイコンからPreferences、Language、Select Languageと開いていき、日本語を選択すると適用されます。

ロゴなどの非表示

歯車アイコンの一般から、ロゴなどの設定をしていきます。
放送中のウェブカムフィードを非表示にする、をON(緑色)にしておくことで、顔バレを防止することができます。

ウェブカメラの選択

高度なトラッキングの設定のウェブカムから、使用するウェブカメラを選びます。

アバターの設定

アバターギャラリーから使用するアバターを選ぶことができます。
オリジナルのLIVE2Dモデルを入れている場合は、下へスクロールしたWorkshop and Custom Avatarsにあるかと思います。

デフォルトのアバターの中には、カスタム化から特徴を変更することができるものもあります。

背景の変更・差し替え

環境のギャラリーから背景を選ぶことができます。
背景を自分で用意する場合や、透過してゲーム画面に乗せるときなどは、クロマキーで透過できるようグリーンバック(GB)を選ぶとよいでしょう。

みどり色の髪の人など、グリーンバックではうまく透過できない人は、マゼンタバック(MB)やブルーバック(BB)を利用します。

自分の背景を読み込ませたいときは、こちらのImportWizard.exeを起動します。

私の環境ではこちらのアドレスにありました。
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Bin\Tools\ImportWizardNew

Browseから画像を選択し、Background Nameには背景の名前を付けましょう。

注意点として、日本語に対応していないため名前やファイルの場所もすべて、半角英数字にする必要があります。

Importを押すと、問題がなければこちらの画面が表示されます。
OKで閉じ、FaceRigを起動しましょう。

これで背景を読み込ませることができました。
アイコンは1:1にしないとちょっと見栄えが悲しくなるようです。

配信や収録には乗らないので、アイコン用の画像を用意するかはお任せします。

トラッキングの調整

表情をうまくトラッキングできるよう、表情の早い自動調整をクリックします。
普段の表情を作って正面を向き、調整するをクリックします。

アバターで特殊な設定をしていない場合は、目を見開きすぎず、細めすぎず、普通の表情をするよう気を付けましょう。

あたまポーズの早い自動調整も同様に調整します。
カメラが正面にある場合はよいのですが、そうでなければPC画面など、正面を見て調整を押します。

西中ニシカの場合カメラが目線よりも高い位置にあるため、カメラを見ながら調整をするとPC画面を見ているときにアバターが下を向いてしまうことになります。

こちらは好みですが、アバターの行動の瞳と眉毛について、動きを両方重視のバーを右へよせるほど、右目と左目の開き具合が同期されます。

ウインクはしづらくなってしまいますが、開き加減の違う半目は微妙な表情になることが多いです。
LIVE2Dのモデリングの際に対策をしていない人はバーを右に寄せておくといいでしょう。

OBS等に読み込ませる

ブロードキャストに切り替えをすることで、OBS等に取り込むことができるようになります。

そのまま取り込む場合は、映像キャプチャデバイスを選択するのが簡単で事故がなく、おすすめです。

FaceRigの基本的な設定は以上です。

タイトルとURLをコピーしました