Aviutlのダウンロード・設定

Aviutlのダウンロードや最低限の設定について解説します。

理論的なお話は置いておき、「これをここに入れれば動きます」といった、必要な部分だけ解説していきます。
細かな話もすべて読みたい方は、Aviutlの易しい使い方というサイトをご覧ください。

Aviutlのダウンロード

まずはこちらのAviutlのお部屋でAviutlと拡張編集Pluginの一番上をそれぞれクリックし、ダウンロードします。

ダウンロードしたファイルは、それぞれ右クリックですべて展開、開きましょう。

展開できましたらexedit92の中のファイルをすべて、aviutl110に移動させます。

これでダウンロードが完了しました。

このままではできることがとても少ないため、機能を追加していきましょう。

Pluginsフォルダを作る

まず、いろいろなものを入れる場所を作ります。

何もない場所で右クリック、新規作成。
フォルダーを選択し、「Plugins」という名前でフォルダを作成しましょう。

いろいろなデータを読み込めるようにする

Pluginsフォルダができましたら、L-SMASH Worksを導入しましょう。
※もしアクセス拒否をされてしまう場合、こちらからなら入れるようです。

リンク先を少し下へスクロールし、ダウンロードの一番上をクリックしてダウンロードしましょう。
zipファイルは右クリックし、すべて展開をします。

展開したL-SMASH_Worksのフォルダの中の、上の画像の4つを、Pluginsフォルダへ移動させます。

後ろの.aufや.auiなどが表示されない方や、ファイルの数が足りない人は、左上の表示をクリックし、ファイル名拡張子と隠しファイルにチェックがついていることを確認しましょう。

次に、読み込めるファイルの指定を増やします。
exedit.iniをダブルクリックし、メモ帳で開きます。

こちらのページにたまに使うファイル形式の一覧がありますので、コピーして続きに貼り付けましょう。
この他にも「.movが読み込めないから追加したい……」という場合は、

.mov=動画ファイル
.mov=音声ファイル

と記載を増やしてください。
追加できましたら、左上のファイルから上書き保存で完了です。

ここまでできたら、一度Aviutl.exeをダブルクリックして起動します。
起動した画面の左上から、ファイル→環境設定→入力プラグイン優先度の設定と選択します。

L-SMASH_Works File Reader が一番下にあることを確認してOK、Aviutlも閉じましょう。

これで読み込みに関しては設定完了です。

MP4で出力できるようにする

次に、MP4で出力することができるようにします。
こちらのページの右側、x264guiEx 2.xxをクリックします。

一番新しいzipファイルをクリックすると、自動でダウンロードされます。

ダウンロードされたzipファイルを右クリックで展開します。
その中のauo_setup.exeをダブルクリックして起動しましょう。

起動しましたら①から、aviutlのあるフォルダを選択し、次へを押しましょう。

ここまででダウンロードして導入するものは完了です。

しっかり導入できているかを確認する場合、Aviutlを起動し、ファイルのプラグイン出力、拡張 x264 出力(GUI)Exを選択します。

表示された画面のビデオ圧縮をクリックすると、この画面が表示されます。
赤色枠で囲んだ3箇所に、文字が入っていたら成功です。
安心してAviutlを閉じましょう。

基本的な設定

システムの設定

Aviutlを起動し、システム周りの設定をしていきます。
ファイルから、環境設定、システムの設定と選択します。

デフォルトの設定は左のようになっています。
こちらを右の用に変更しましょう。
上から順に軽く説明します。

・最大画像サイズ
取り込める画像のサイズを設定します。
大きすぎると重たくなりますが、背景や立ち絵を入れるので3000x3000pxはあると使い勝手が増します。

・最大フレーム数
32万でだいたい3時間ほどまでの動画編集ができます。
数字が小さいほど軽くなるので、普段は10万程度にしています。
6時間ほどのアーカイブをカット編集する!というときなどは、60万などに変更しましょう。

・再生ウインドウの動画再生をメインウィンドウに表示する
・編集ファイルが閉じられるときに確認ダイアログを表示する
・関連ウィンドウ同士を移動時にスナップする
とりあえずチェックを入れておきましょう。

・任意フレーム数移動
右の画像のような数字に設定しておくとショートカットが便利と聞きますが、私は使ってません。

最後に、設定からファイル順序の設定、ビデオフィルタ順序の設定を開きましょう。

フィルタの順序の中のサイズ変更と拡張編集を、右の図のように上へあげ、OKを押します。

バックアップについて

Aviutlは重く、出力中に落ちるなど、よく言われている通り、実際落ちます。

そんなときも自動でバックアップが取られていれば、すぐに元に戻すことができるため安心です。

設定から拡張編集の設定をクリックし、拡張編集ウィンドウを出します。
拡張編集の上で右クリックし、環境設定をクリックしましょう。

設定画面が出てくるので、自動バックアップを有効にチェックが入っていることを確認します。
バックアップの間隔は5、バックアップファイルの最大数は1440あれば十分でしょう。

これで編集していると、Aviultのフォルダの中にbackupフォルダが作られます。
フォルダ内のbackupファイルを拡張編集に突っ込むことで、復元することができます。

これで一通りの簡単な設定は終了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました