3DモデルをMMDで躍らせる講座

VRoidなどのVRMデータの3DモデルをPMXデータへ変換する方法、MMD(MikuMikuDance)に読み込ませて躍らせる方法を解説しています。

①VRM→MMD『使用ツール等の準備・導入』

VRMデータをMMDで躍らせるため、まずは必要なものをそろえましょう。

②VRM→MMD『VRMをPMXデータに変換する』

今回は変換に、非常にお手軽なVRM2PMXConverterを使用します。

③VRM→MMD『ボーンの追加・修正』

④VRM→MMD『テクスチャの修正・調整』

⑤VRM→MMD『最終チェック・最適化・修正』

【MMD】MikuMikuDanceで躍らせる

モデルデータが完成したら、モーションや背景を流し込みましょう。

ここでは初心者用に、モーションをお借りしてきて調整し、出力するところまで解説します。

【MMD】ファイルサイズ軽減/容量不足解消法

出力する動画の容量が大きく、ドライブの空きを圧迫してしまったり、MMDが出力中に落ちてしまったりすることがあります。

そういった方におすすめの解消法の紹介です。

MMEはいつかやります…………

タイトルとURLをコピーしました